マジメナワタシ。

40代兼業主婦です。夫と娘と猫と暮らしています。ミニマリストにも憧れつつ、スッキリした暮らしを目指しています。

火災保険地震保険の見直し

現在、緊急に家計見直し中です。

収入形態が変わり

収入の金額も大幅に減少。

固定費は少しづつ見直しており

・通信費

・生命保険

(ワタシの生保以外は)見直し完了です。

そして、次に着目したのは火災保険地震保険

 

現在加入中の保険内容

・火災総合保険地震保険 月額 6240円

・保険の対象 建物 保険金額20,000,000円

・補償内容と損害保険金 

      地震保険 10,000,000円

      火災、落雷、破裂、爆発

      風災、雹災、雪災、水災など 自己負担0円

・費用保険金 臨時費用保険金

       地震火災費用保険金

       片付け費用など 場合により10万円程度

 

書き出してみると、そんなにいらないなが正直なところ。

そして現在の保険を見直して思うのです。もし地震にあったら、またゼロから頑張ればいい。家をなくしてもあきらめればいい。もし火事になったら同じく頑張ろうと思う。わずかな貯金と健康な体でやりなおそうと思う。でも、火事の場合ご近所に迷惑がかかるのでそれだけが不安。だから、火災保険を最低の分だけまかなえればいい。

 

果たして、最低の分っていくらだろう?

そこで、共済保険の火災保険を調べてみました。

条件によってもさまざま。保証金額が300万や500万のものが多かったです。つまり高い補償金額というのは被害に遭う以前の生活を補償するというこの。

共済の保険金額が安いのは生活を戻すための当面の生活費という考え方でしょうか。

 

ならば、ワタシの場合は安い補償で十分。

毎月の生活費を圧迫するような保険料は少しでも安く済ませたい。その分蓄えておけば大丈夫。

 

じっくり向き合えば答えは出る。

 

夫が保険会社に電話をしてくれました。

相談してみようと思います。

 

保険ってきちんと理解するのが面倒でつい後回しにしがちですね。

家計の緊急事態だからこその保険の見直し。

まだまだ続きます。

 

 

 

  ⇓こちらポチッとして頂くとはげみになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

猫の食欲に応えたい

無事に退院し

毎日インスリンを打ち

通院時の血液検査でも数値結果は良好。

 

cisi.hateblo.jp

 

喜ばしいのですが

ひとつ問題があります。

 

それは異常な食欲。

食べる量を制限したからでしょうか。

もっともっとと要求されます。

料理中は気が抜けず

食材をくわえて持っていかれます。

以前は食べなかったものまで食べようとします。

 

とても疲れます。

 

食器棚のスペースを空けて

調理中の食材をしまいながらの作業です。

 

猫には食べさせてはいけないものがたくさんあり

間違って食べたりしたら大変。

 

「ごあーん、ごあーん」と鳴くのです。

おなか一杯にしてあげたいなと調べて

からだに良さそうな食材を見つけていっています。

 

今は

・ゆでかぼちゃとおからとかつおぶしの和え物

・ゆでブロッコリーとおから

 

あっという間に完食してしまいまた

「ごあーん」と催促してきます。

 

まだまだ飼い主の模索は続きます。

⇓こちらポチッとして頂くとはげみになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

猫の糖尿病

1ヶ月ほど前に飼い猫が糖尿病になりました。

 

ぽっちゃりとしてはいましたが

特に病気もなく7年目を迎えたばかりでした。

夏の初め頃から痩せはじめ

さいしょはぬかとおからのダイエット効果だと思っていました。

(ネコにぬかをひとなめ、おからを小さじ1杯与えていました)

えさもたくさん食べて、水もたくさん飲んで

でも痩せてきていました。

ぬかとおからのチカラを信じていたので全く疑いもしませんでした。

背中をなでると背骨がゴツゴツしていてこんなやせていくなんてと驚いていました。

 

ある日、何も食べなくなり寝てばかりに。

大好きなかつおぶしを目の前に置いてもなめようともしません。

ずっとしっぽをふってか弱く泣いてばかりいます。

これは様子がおかしいと獣医さんのもとへ走りました。

「糖尿病です。危険な状態なので入院になります」

「???!」

 

「がんばれ」と声をかけて帰るしかできませんでした。

 

そして、糖尿病以外はとても健康で

一週間の入院後無事に退院できました。

 

現在は一日二回の食事後にインスリン注射を打ちながら

週に1回の通院で様子をみています。

獣医さんからは「すごく元気になったね」と言われています。

 

糖尿病になる以前は

食べたいだけ食べて

飲みたいだけ水を飲ませていました。

フードは高価格帯のものを選んでいたので

それで安心していました。

 

飼い主として

知識不足としか言いようがありません。

結局「食べ過ぎ」が原因だったのです。

 

糖尿病ネコとの暮らしが始まりました。

 

 

 

 

⇓こちらポチッとして頂くとはげみになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村