マジメナワタシ。

40代兼業主婦です。夫と娘と猫と暮らしています。ミニマリストにも憧れつつ、スッキリした暮らしを目指しています。

「時間とお金の使い方」と「アドラー式しない子育て」を読んで

本を読んで一つでも自分のためになることが

あればラッキーだと考えています。

本を1冊出版する労力って想像だけですがが大変そう。

その内容すべてを自分の糧にできたらいいけれど

実際は難しいですね。

最近読んだ本の中で取り入れてみよう!と

思ったものがあったのでご紹介します。

①すっきりと暮らすための時間とお金の使い方

暮らし上手さん達をまとめた一冊です。
f:id:cisi:20170822174429j:image

この中であいこさんの化粧水の入れ物について参考に。

中山あいこさんが使っている化粧水のボトルのフタを取り替えて

スプレー式で使えるようにしたそうです。

実はワタシも化粧水をつけるとき

てのひらにのせてから顔に行為が

もっと簡単にならないかと。

些細な事を見逃さずに工夫していく大切さは十分理解。

なのでそのストレスポイントが解決できてうれしかったです。

ちなみにパストリーゼがタイミングよく空になったので

その中に化粧水を入れました。

 
f:id:cisi:20170821154836j:image

ドラッグストアのお手頃化粧水なので

惜しみなく使えて快適に。

ただ容器が容器なだけに大きくラベリング。

間違ってアルコールを肌にふりかけたら大変!

 

中山あいこさんは無印のスプレーヘッドに交換したそうです。


f:id:cisi:20170822174452j:image

 

 

ちいさなストレスだと思っていたけれど

このことだけで気分が違います。

ちいさなストレスに気が付いたら

アンテナを張っておくとヒントがどこからかやってくる。

 

アドラー式「しない」子育て

向後千春・吉田尚記 著


f:id:cisi:20170822180319j:image

この中で[課題の分離]が心に残りました。

例えば、こどもがあいさつをしない場合。

親の課題→明るく誰にでもあいさつできる子に育ってほしい

こどもの課題→実際にあいさつするかどうかを自分で決める

 これだけだとわかりにくいけれど

親の世間体とこどもの成長はしっかりわけましょうと解釈。

 

朝はあいさつをしないムスメ。

どうしたものかと思っていたけれど

まあいいかとおもえました。

 

他の場面でも応用がききそうです。

 

 

 

⇓こちらポチッとして頂くとはげみになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村