マジメナワタシ。

40代兼業主婦です。夫と娘と猫と暮らしています。ミニマリストにも憧れつつ、スッキリした暮らしを目指しています。

妊活終了。

先日、子宮内容除去術を受けてきました。

ワタシの1年半に及ぶ妊活はこれで終了します。

 

こんな1年でした

  • 人工授精3回 すべて陰性判定
  • 顕微授精3回 1回→陽性判定出るもホルモン値が低く陰性に。

         2回→陰性判定

         3回→陽性判定

         胎嚢確認後出血が続き稽留流産

 

cisi.hateblo.jp

  • その後の処置。子宮内容物除去手術。

 

今の気持ち

流産確定後は精神が不安定で気持ちのやり場がありませんでした。淡々と日々をこなしていくうちに安定してきて、今は不思議とスッキリしています。

娘と3人で家族仲良く暮らしていこうと前向きな気持ちが自然と生まれてきました。

ただ、妊婦さんを見るとまだ切ないです。

 

40歳を過ぎての妊活

排卵がうまくいかなかったり、いろいろな数値が良くなかったり・・・。そして着床しにくかったり。卵子の老化を実感したり。妊活を通して、自分自身の老化を体感せざるを得なかったです。

そして、陽性判定をもらってからは不安の日々。出血すると障害のある子供だからだろうかという気持ちになったり。今更ながら、子供が成長して高校生で60歳の母親ってどう思うだろうと悶々と考えだしました。最初に覚悟したはずですが、見ないふりしていた感情があふれてきました。

 

妊活してよかった

それでも妊活をしてよかったと思っています。こんな結果でしたが自分自身が納得できました。治療は大変でしたが・・・。

大変さをまとめると3点に尽きます。

  1. 通院・待ち時間
  2. 治療の痛み(ワタシは膣洗浄が苦手でした)
  3. 薬の副作用

1が一番大変でした。娘にもたくさん我慢させてしまいました。これからはたくさんの時間を過ごしたいですね。

 

 

 

 

⇓こちらポチッとして頂くとはげみになります。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村